原因ウイルスHPVとは?
「子宮頸がん」の原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)というごくありふれたウイルスの感染です。
イラスト
子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因で起こることが知られています。HPVはとてもありふれたウイルスで、性交渉の経験がある女性の80%以上が、50歳までに感染を経験するといわれています。
特に若い年代の感染率は非常に高いと言われています。
 
 
高リスク型
 
 
150種類以上の型があるHPVの中で15種類程度が高リスク型です。
子宮頸がんの原因となるHPVの代表は16型と18型で、子宮頸がんの原因の約65%を占めています。
20~30代で発見されるHPVの8~9割を占めているのがこの16、18型です。
 
低リスク型
 
 
高リスク型のHPVが子宮頸部に感染しても症状はなく、殆どの感染は数年で自然に治ります。
しかし一部に長い間感染が続くことがあり、その中のさらに一部の子宮頸部にがんが発生することがあります。
感染したからといってすぐにがんが発症するわけではありません。人間の免疫力によって多くの場合、ウイルスは体から自然に排除されます。
しかし、この機能がうまく働かずにウイルスが子宮頸部に残り、長い間感染が続いた場合に、その部分の細胞が少しずつがん細胞へと進行していくことがあります。
 
HPV16、18型は特にがん化が早いことが報告されています。
日本の子宮頸がんのやく65%を占めているHPV16型と18型は他の高リスク型に比べ、がん化が早いことが知られています。また20-30代の子宮頸がんでは、8-9割がこのHPV16型18型が原因と考えられています。
対象:
1899~2007年に子宮頸がん検診、治療等を行った2,282例
方法:
HPVジェノタイピングにはL1プライマーを使用したPCR法を採用し、HPV,DNAのデータを分析した。
Onuki M, et al: Cancer Sci. 2009; 100(7):1312-1316.より作図
 
日本の子宮頸がんの約7割がHPV16型、18型によるものです。
【対象】検診または治療のため外来を受診した女性2,282人のうち、浸潤性子宮頸がんと診断された人(n=140)
【方法】PCRによりHPVの検出および型別判定を行った。
【対象年齢】25-84歳 【平均年齢】49.2歳
Onuki M, et al: Cancer Sci. 2009; 100(7):1312-1316より作図
※タップで図が拡大されます
 
特に検診で見つかりにくい子宮頸部腺がんが最近増加しています
 
臨婦産 20011; 65(10): 1206-1211.
※タップで図が拡大されます
 
腺がんは検診でみつけづらく、予後が悪いとされています。
子宮頸がんは、扁平上皮がんと腺がんに大別されます。腺がんは、検診で行う細胞診で採取しにくい場所に存在します。
子宮頸がん腺がんは主にHPV16型18型が関与しています。

2)日本婦人科腫瘍学会編:子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん治療ガイドラインの解説 第1版 金原出版株式会社:36-37より改変
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「子宮頸がん」の話ダウンロード
 
 
 
 
 
 
  • ページ上部へ戻る