子宮頸がん検診とは?
子宮頸がんの予防には定期的な検診が有効です。
イラスト
子宮頸がんの検診は子宮の入り口部分の表面の細胞を、やわらかいヘラやブラシなどで軽くこすり取って細胞を採取して調べます。(細胞診)
短時間ですみますし、痛みはほとんどありません。判断の結果は、下表のように分類されます。
●ベセスダシステムによる細胞診
結果(略語) 推定される
病理診断
従来のクラス分類 運用
扁平上皮系
①陰性(NILM) 非腫瘍性所見
、炎症
Ⅰ、Ⅱ 異常なし:
定期検査
②意義不明な異型扁平上皮細胞(ASC-US) 軽度扁平上皮内病変の疑い Ⅱ~Ⅲa 要精密検査
①HPV検査による判定が望ましい。
・陰性:1年後に細胞診、HPV併用検査
・陽性:コルポスコピー、生検
②HPV検査非施行
6カ月以内細胞診検査
③HSILを除外できない異型扁平上皮細胞
(ASC-H)
高度扁平上皮内病変の疑い Ⅲa~b 要精密検査:コルポスコピー、生検
④軽度扁平上皮内病変(LSIL) HPV感染
軽度異形成
Ⅲa
⑤高度扁平上皮内病変(HSIL) 中等度異形成
高度異形成
上皮内がん
Ⅲa
Ⅲb
⑥扁平上皮がん(SCC) 扁平上皮がん
腺細胞系
⑦異型腺細胞(AGC) 腺異型または腺がんの疑い 要精密検査:コルポスコピー、生検、頸管および内膜細胞診または組織診
⑧上皮内腺がん(AIS) 上皮内腺がん
⑨腺がん
(Adenocarcinoma)
腺がん
⑩その他の
悪性腫瘍
その他の
悪性腫瘍
要精密検査:病変検索
現在、厚生労働省では、20歳以上の女性に対して2年に1度の子宮頸がん検診を推奨しています。
20歳以上の女性が住民検診で子宮頸がん検診を受ける場合、多くの自治体が費用の一部(もしくは全額)※を補助してくれます。
職場の健康診断でも、子宮頸がん検診を無料または低価格で受診できる場合があります。
もちろん近所の産婦人科でも検診を受けることができます(自費)。
また厚生労働省の女性特有のがん検診推進事業として、対象年齢の女性に対し子宮頸がん及び、乳がん検診の無料クーポンも配布されています。子宮頸がんの検診の場合、20・25・30・35および40齢の女性が対象です。
※各自治体によって費用の負担額は異なります。
詳しくは、お近くの自治体等にお問い合わせください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「子宮頸がん」の話ダウンロード
 
 
 
 
 
 
  • ページ上部へ戻る