子宮頸がん検診の流れ
実際の検査から結果が出るまでをご紹介します。
 

STEP1 まずは検査の予約をしましょう

イラスト
お近くの婦人科を探してみましょう。医療機関はWEBで検索できます。
女医さんを希望される場合や、また費用なども事前に調べておくと良いでしょう。そのままWEBで予約ができる医療機関もあります。
予約の際に、受診時の注意を確認しておくと、安心です。
 

STEP2 当日は問診からスタート

イラスト
所定の問診票に記入します。最終月経や月経周期の記載が必要なので、自分の生理周期メモがあると良いでしょう。
その他、初潮年齢や生理の様子、妊娠・出産の経験の有無、月経の状況、自覚症状の有無などについても聞かれます。
医師の診断を受け、検診の内容も説明されますので、体の気になる症状や心配なことがあったら、あわせて相談を。
 

STEP3 検診(内診)

イラスト
下着を脱ぎ、診察台に上がります。スカートなど診察を受けやすい服装ならば、下着を取ってまくりあげるだけで良いので簡単。
診察台はベッドの場合もありますが、お腹の辺りをカーテンで仕切るパターンがほとんどです。カーテンが不安な場合は、開けてもらえます。
まずは子宮頸部の状態を目で見て確認(視診)します。
内診では、子宮の形、大きさ、位置、動き、圧痛の有無などを確認します。
 

STEP4 細胞診

イラスト
やわらかいヘラや、ブラシなどで、子宮の入り口をそっとこすって、細胞を採取します。ほんの1、2分で終わり、痛みはほとんどありません。
これで検査は終了です。
細胞の標本は顕微鏡検査に提出され、判定が行われます。
 

STEP5 検査の結果を待ちましょう

イラスト
医療機関によって違いはありますが、およそ1~2週間後には細胞診の検査結果がわかります。
結果を郵送してもらうか、結果を聞きに再受診など、施設によって違いますので、検査終了時に確認しておきましょう。
 
※性交渉の経験がない人は、子宮頸がん検診を受ける必要はありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
「子宮頸がん」の話ダウンロード
 
 
 
 
 
 
  • ページ上部へ戻る