子宮頸がんってどんな病気?
20~30代の若い女性に、子宮頸がんが増えています。
子宮頸がんは女性特有のがんとしては、乳がんに次いで罹患率が高く、特に20~30代のがんでは第1位となっています。
 
日本では、毎年約10,000人もの女性が新たに子宮頸がんにかかり、約3,000人1) が子宮頸がんで亡くなっています。1日に約10人の方が亡くなっている計算になります。
1) 厚生労働省 子宮頸がん予防ワクチンQ&Aより
日本における20~30歳代の女性特有のがんの罹患率・死亡率
※タップで図が拡大されます
※上皮内癌を含む
国立がん研究センターがん対策情報センター 地域がん登録全国推計によるがん罹患データ(1975年~2008年)より作図
国立がん研究センターがん対策情報センター 人口動態統計によるがん死亡データ(1958年~2011年)より作図
 
子宮頸がんの発症が若年化したため、そのピークは女性の出産年齢のピークと重なっています。
子宮頸がんの発症は若年化し、出産年齢のピークと重なっています。
1985年には母親の年齢別出生数のピークは24-29歳でした。また子宮頸がんの罹患年齢のピークも40代前半でした。しかし2008年のデータを見ると母親の年齢別出生数のピークが30代前半になり、また子宮頸がんの発症のピークが若年化したため、二つは重なっています。
子宮頸がんと罹患率と出生率
厚生労働省人口動態統計
国立がん研究センターがん対策情報センター
地域がん登録全国推計によるがん罹患データ
(1975年~2008年)より作図
 
子宮頸がんってどんな病気?
「子宮頸がん」は子宮の入り口部分(頸部)にできるがんです。子宮にできるがんには子宮の奥に発生する「子宮体がん」と、子宮の入り口に発生する「子宮頸がん」の2種類があります。
これら2つの病気は原因も、発症年齢なども全く異なります。
子宮頸がんと子宮体がん
子宮頸がんと子宮体がん
 
  子宮頸がん 子宮体がん
発生部位 子宮頸部
(子宮の入り口)
子宮体部
(胎児が育つ部分)
主な
発症年代
30~40代
(20~30代で急増)
閉経後の50代以降
主な
原因
ヒトパピローマウィルス(HPV)感染 ホルモンバランスの異常、肥満、未産、糖尿病
※Human Papillomavirus
医療情報科学研究所 編
病気が見えるvol9 婦人科・乳腺外科
第2版メディックメディア:137.2010より改変
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「子宮頸がん」の話ダウンロード
 
 
 
 
 
 
  • ページ上部へ戻る