子宮頸がんを経験した方のインタビュー
すごく辛かったけど、今は人生が何倍も幸せに感じています
子宮頸がんを経験した阿南里恵さんのインタビュー
 
阿南里恵さんのお話
子宮頸がんを経験された方に、子宮頸がんの宣告から治療までの体験談や、子宮頸がんの予防についてお話しいただきました。
娘さんをお持ちのお母様、そして全ての女性の方にお伝えしたいメッセージがこめられています。
 
 
 
「すぐに院長を呼んできて」という言葉に悪い予感が
阿南里恵さんのお話
私が子宮頸がんになったのは、23歳の時でした。大好きな東京で一人暮らしをしながら、マンション販売の会社で働いていた頃です。毎日のように終電で帰るようなとても忙しい職場でしたが、仲間にも恵まれて、本当に楽しく充実した日々を送っていました。
不正出血に気付いたのは、そんなある日のこと。最初は生理が長引いているのかと軽く考えていたところ、次第に出血量が増えてきたので、一か月ほど経ってからやっと重い腰を上げてクリニックを受診しました。
すると、診てくださった女医さんが、診察直後に「すぐ院長を呼んできて」と看護師さんに一言。その時点で悪い予感はしていましたが、ほどなく院長先生から「子宮頸がんがかなり進行しています。今日明日にでも大きな病院に行ってください」と宣告を受けました。
 
 
 
 
突然「がん」と言われても、実感が沸かなかった
阿南里恵さんのお話
クリニックを受診する半年ほど前に、会社の健康診断で婦人科検診も受けており、「異常なし」という結果でした。普段から風邪もめったに引かないくらい元気でしたし、出血していただけで痛みもなかった。
ですから、突然「がん」と宣告されても、すぐには実感が沸いて来なかったというのがその時の正直な気持ちです。
その後、大阪から上京してきた両親と一緒に東京の国立病院を訪れ、「このままだと子宮全摘出しなくてはならないかもしれない」という説明を改めて受けました。母は「自分がもっと早く娘の体の変化に気付いてやれていれば」と涙を流し、父は淡々と治療方針について先生に質問をしていました。当の私はというと、その状況を眺めながら放心状態だったように思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「子宮頸がん」の話ダウンロード
 
 
 
 
 
 
  • ページ上部へ戻る