子宮頸がんの症状と治療
子宮頸がんの症状
「子宮頸がん」は、がんがある程度進行するまで症状があらわれません。
「高リスク型」のHPVに長期間感染すると、がんに進行する可能性がある異常な細胞が増えていきます。
この状態を「異形成」といいます。「異形成」にも程度があり、軽度の場合は自然に治ることが多いのですが、異常な細胞が増えた高度の「異形成」では子宮頸がんに進行する可能性が高くなります。
子宮頸がんの最初の段階を上皮内がんといい、がん細胞は子宮頸部の表面(上皮)にとどまっています。上皮の下の基底膜をこえてがん細胞が広がると、浸潤がんと呼ばれ、転移を起こしてくる可能性があります。
子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)の分類
※タップで図が拡大されます
初期症状がほとんど現れないことが、子宮頸がんのおそろしいところです。気づいたときにはすでに進行していた、というケースも少なくありません。
病気が進行してからあらわれる症状
・性交渉のときに出血する
・茶色のおりものが増える、悪臭を伴う
・生理に関係のない出血がある
・下腹部や腰が痛む
 
子宮頸がんの治療
病気の進行に応じて、手術療法と放射線療法や化学療法が実施されます。
初期の場合には、子宮を温存することもできます。
子宮頸がんは、がんになる前や早い段階で発見されれば子宮の摘出手術などをせずに、子宮を残すこともできます。
子宮頸がんを発症した場合、上皮内がんの段階で見つかれば、円錐切除という子宮頸部の一部を切除する手術で治療することで子宮を温存でき、その後の妊娠出産が可能です。しかし妊娠するまでの期間が長くなる可能性や、早産や低出生体重の可能性が高くなるなどの報告もあります。
がん細胞が基底膜をこえて広く浸潤している場合は、子宮を摘出する手術を行うか、放射線治療を行います。手術の場合は子宮を周囲の組織と一緒に切除し、骨盤の中のリンパ節の摘出も必要になります。
子宮頸がんの進行
0期 子宮頸部の上皮内にがん細胞がとどまっている
※この時期に発見できれば、子宮を温存することや、その後妊娠や出産できる可能性も高くなります。
Ⅰ期 がん細胞が子宮頸部のみにある
Ⅱ期 がん細胞が子宮頸部を超えて周囲にひろがっている
Ⅲ期 がん細胞が子宮頸部を超えて、骨壁や腟の下部まで達している
Ⅳ期 がん細胞が子宮を超えて、膀胱や直腸まで広がっている
 
子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)の分類
レーザーや高周波ループなどを使用して、がんのできているところを含めて子宮頸部の一部を円錐状に切除する方法です。開腹せずに腟から行い、15~30分ほどで終了します。
 
放射線治療はとくに手術での治療が不可能なⅢ期、Ⅳ期を中心に行われます。最近では抗がん剤を併用した放射線治療が行われています。抗がん剤による化学療法は主として再発したがんに対して行われています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「子宮頸がん」の話ダウンロード
 
 
 
 
 
 
  • ページ上部へ戻る